トップ戦略コンサルタントの本物の思考力TOEIC940点取った人生変わる

トップ戦略コンサルが無料で語ります。有料サロンは定員オーバーなので個別に連絡ください。

大学生でも作れるクレジットカードについてわかりやすくまとめてみました。

結論

大学生はクレジットカードつくるのはすごく簡単。

大学生はクレジットカードをつくるのに非常に有利な立場にある。

つくりやすいし、特典を用意しているカードも多い。

用意するのは3点。

銀行通帳、印鑑、身分証明書。

それと大学生向けにカードつくっているカードいくつか取り上げての、

気に入ったものを選んでください。

 

学生向けクレジットカードとは。

もう作れるってわかったから、

どのカードつくるのか選ぶという方はここ読まなくてもいいです。

ですけど、

クレジットカードをなんで学生が作れるのと、

クレジットカードをなんで学生は簡単に作れるのと、

そういう疑問をお持ちの方にプロが簡単にその理由と解説していきます。

なんで学生は簡単に作れるのと、

例えば無職やニートではクレジットカードつくるのは難易度あがります。

なぜかわかりますか?

収入の見込みがないから返済されない可能性がある。

つまり貸し倒れリスクがあるということですね。

貸したんだけで返してもらえないから、

貸した方のクレジットカード会社が損をすると。

闇金牛島君みたいに回収できればいいですけど、

クレジット会社はそういう返してもらえなくなる可能性を嫌います。

ですから、収入のない人には審査が厳しくなるのです。

では、なぜ大学生は収入ないのに審査通ると思いますか?

学生は親の金で大学行かせてもらっている。

子供を大学生に行かせるような親は、

子供クレジットカード代を払うだろうとそういうことなんですね。

そして大学生は将来就職して、

社会人になって収入を得る可能性が高い。

だから大学生のうちに自分たちのカードを使ってもらって、

今のうちに自分たちのお客さんになってもらおうということなんです。

ですから、大学生というのはクレジットカードをつくるには非常に有利な立場にあるんですね。

ですから、

卒業するまでにクレジットカードをつくっておいたほうがいいと、

私は思うのです。

もしあなたが就職活動に失敗して無職になったら、

クレジットカードつくりにくくなりますので、

今のうちに作っておきましょう。

もちろん年利かかるので無理に使う必要はないですよ。

ですが今は会員費も大抵年会費無料ですので、

クレジットカードの使い方さえ間違えなければ、

学生のうちにクレジットカードをつくった方がいいのです。

以上

要点。

大学生は親の返済能力が評価されるので、

クレジットカードをつくるには非常に有利。

ニートになってクレジットカードつくれなくなって後悔しそうな人は、

今のうちにクレジットカードつくっておきましょう。

 

 

クレジットカードの作り方。

未成年の大学生は親権者の同意が必要。

20歳以上は自分だけの意思でクレジットカードつくれます。

 

クレジットカードつくるのに必要なもの3つ。

銀行口座

銀行員

身分証明書(健康保険証や運転免許証)

 

学生得点があるカードも多いのでうまく活用してください。