トップ戦略コンサルタントの世界レベルの思考力

トップ戦略コンサルが無料で語ります。有料サロンは定員オーバーなので個別に連絡ください。

ディベートのプロヤマタクが語る小室圭さんについて。

今回はディベートのプロヤマタクが小室圭さんについて考えてみたいと思います。

 小室圭さん何かと巷を賑やかしていますね。

 

真子さまと婚約されてはいないんですね今はまだ。

さて小室圭さんについてどう考えるべきなのか。

今回もヤマタクが本音で語っていきたいと思います。

まず小室圭さんについてヤマタクが気になるのは顔の大きさの変化ですよ。

彼は海の王子に選ばれた時は抜群にイケメンと言っていいレベルだと思います。

そうでなければ海の王子なんて選ばれないですから。

なのに最近の小室圭さん顔が大きく見えるのです。

ヤマタク気になってしょうがありません。

ここまで人の顔の大きさって変わるのか。

おかしいのではないのかと。多分顔に肉がつくと大きく目るのでしょうが。

まあそれは置いといて小室圭さんについて最近話題になっているのがなんか週刊誌に報じられている問題をクリアにしないと結婚は認められないという意見がでたりすでにクリアにしょうがもう無理でしょという国民の声が結構あります。

もう無理だよねと。

では考えてみましょう。

我々は小室圭さんの結婚を反対するべきなのかと。

反対するべきならいかなる理由で反対するのかと。

まずは母親の金銭問題が週刊誌に報じられている件ですね。彼に対する批判が上がってきたのは。私ヤマタクも思ったのです。権力欲、金銭欲があるのはいいと、だけどターゲットにするなら成金の娘くらいで我慢しておけと。まこさまに対してそれは許せないだろうと。

でもふと思ったのです。成金の娘はどうでもいいのか。

では成金の娘と皇族のお姫さまであるまこさまとはどこが違うのかと。

一つの理由は税金が投入されるという点です。結婚持参金かなんかで億のお金を持参金で持っていかれるとかそれは税金なのでけしからんという意見ですね。

もう一つは皇族の権力を利用することは許されないということです。これも天皇であったり皇族というのは憲法で役割が位置付けられていますからその権力を利用しようとする人間は許せないという意見ですね。

で考えてみましょう小室さんが週刊文春の母親の金銭問題の問題をクリアしたからと言って彼の人間性は変わりますかと。多分変わらないですね。ということはですよ。ここで二つの意見に分かれるわけです。人間性そのものを問う人と、単に週刊誌の問題になっているのが許されないという意見です。

でふと思うのですよディベートの超プロヤマタクは。これもっと悪賢いやつだったらもっとうまくやっているぞと。もし本当に皇族のお金と権力を目的にしていた人がもっと賢い人であれば週刊誌に取り上げられるよなへまはしなかったと思うのです。

そして気づかない間に皇室に入り込んで権力とお金を利用しているぞと。

でそこを考えるともし仮に皇族の権力とお金を利用しようとする人を排除しようとすればこれは宮内庁がかなりきちんと管理しないと管理できない問題ですね。

でふと思うのです。そうなると皇族の方は自由に恋愛ができないのかと。

で僕はふと思ったのです。皇族って日本にとってなんなんだろうと。

皆さんは皇族って日本にとってなんだと思いますか?

ヤマタクは皇族ってひな人形だと思うのです。

記念日だけ奇麗に皆の前に姿を現してくださいねと、記念日以外はあまり興味ないですよというのはひな人形なのですね。

私たちは皇族の方にひな人形の役割を求めているのではないのかと。

だからお内裏様とお雛様を演じるにふさわしい人と結婚してくださいねと。

不敬ならば謝罪します。私の祖父は戦争で台湾に行ったのです。で祖父の寝室には天皇陛下からいただいた賞状みたいなのが飾ってあったのです。その様子を見た僕は天皇家と皇族の方への敬意だけは欠かしてはいけないと思ったものです。

話はそれましたが、皇族の方への敬意をもっているということを理解して聞いてほしいのですが、つまり日本人は記念日以外の皇族にあまり興味はないのではないのかと。

もちろん人はだれもが何かの役割を演じます。

ただ日本人はひな祭りで奇麗なお内裏様とお雛様を演じてさえくれればそれ以外のことはどうでもいいと思っているのでないでしょうか。

ひな人形がひな祭りの時だけ大切に飾られてそれ以外の時は押し入れや物置に放置されているかのように。

でふと子供のころにひな人形を見たときの違和感が思い出されるのです。

皆さんは思いませんでしたか?

ひな人形って表情がないのです。あれは我々国民が皇族に喜怒哀楽を求めていない隠喩というのは言いすぎでしょうか。そして国民が皇族の方々に奇麗なひなにんぎょうの役割を求めれば求めるほどまこさまの喜怒哀楽が失われていくというのは言いすぎでしょうか。

結論

まこさまが一番幸せになってほしい。僕が望むのはそれが第一です。