トップ戦略コンサルタントの世界レベルの思考力

トップ戦略コンサルが無料で語ります。有料サロンは定員オーバーなので個別に連絡ください。

結局花田優一さんについて考えるべき点は何なのか?ディベートのプロヤマタクが厳選3点まとめてみました。

花田優一さんについていろいろ騒がれていますね。

タレントと靴職人の2足の草鞋を履いていたがなんか靴職人としての仕事も中途半端ではないかとかチャラチャラしすぎとかですね。

ディベートのトレーニング徹底的に受けてきたヤマタクはこの件については詳しいブログ書いたのですが。

今回は結局花田優一さんについて考えるべき点3点、厳選して簡潔にまとめてみました。

目次

①職人の仕事の件は当事者同士の問題

②チャラチャラしているのは事実かも

長嶋一茂を超える逸材の可能性が高い

 

では簡単に解説していきましょう。

①職人の仕事の件は当事者同士の問題

ヤマタク考えたのです。

なんか納期遅れ起こしているのにタレント活動までしていると職人の仕事を大切にしろという意見ですね。

ですがねヤマタクは思うのです。

納期遅れや靴の質の件は結局当事者同士の問題だと思うのですね。

だってそもそもあの年齢で一流の靴作れるとは思いません。

納期遅れの件も、そんなん仕事していればいくらでもどこかで起こっていることだと思います。

もちろん信用を失うのは確実ですが第三者には関係のない話だと思います。

②チャラチャラしているのは事実かも

でこれですね。

報道見る限りまあちゃらちゃらしてんだろうな程度のことはヤマタクは思うのです。

で職人でいいイメージ得ておいて実際はチャラチャラしていると。

これはベッキーとか乙武さんの件と同じ問題でもあると思うのです。

上っ面だけいいイメージ作っておいてゲス不倫かよ、一方はゲス不倫三昧かよと。

そんなん批判されても自己責任だろうと。

それは私ヤマタクも一理あると思うのですが。

そこ突っ込むと長くなるのでその論点は流しますけど。

で花田優一さん乙武さんよりはましでしょってのが僕の考えです。

もっというと彼は23歳です。

僕の23歳よりはましかもと思うのです。

もし僕が23歳で自分の仕事について取り上げられたらやっぱりきつかったと思うのです。

でもう一歩進めてみます。

23歳の長嶋一茂と比べたらどうなのかと。

長嶋一茂を超える逸材の可能性が高い

僕は23歳の時の長嶋一茂さん知りませんが。

失礼を承知で言うならば23歳の長嶋一茂さんよりはだいぶましなのではないでしょうか?

もちろん人間的にはもっともまれて成長しなくてはいけないと思います。

ただし、超一流の有名人のサラブレッド。かつルックスもいいと。

彼はやはり長嶋一茂さんとか石原良純さんとか小泉孝太郎さんのようになれる素材だと思うのです。

日本はなんやかんや超一流のサラブレッドが好き。

イケメンサラブレッドは大好きですからね。

 

結論。

花田優一氏は長嶋一茂を超える逸材の可能性が高い

 

皆さんはどうお考えですか?

最後までお読みいただきありがとうございます。