トップ戦略コンサルタントの本物の思考力TOEIC940点取った人生変わる

トップ戦略コンサルが無料で語ります。有料サロンは定員オーバーなので個別に連絡ください。

就活なんて失敗する。会社選ぶ基準てなんですかと学生からの質問に答えます。

就職活動中の学生さんから、

結構質問いただきます。

会社どういう基準で選べばいいですかと。

これね、

結論はですね。

何言っても聞かないでしょ。

学生さんは。

これ僕もそうでした。

やっぱり受験の延長線上で就職ランキング上位を選ぶ。

周りの人に自慢できる会社を選ぶと、

ただそうなっちゃうんですね。

ですが、

マッキンゼー行って、

追い込まれてやめてお笑い芸人になった人とか、

電通行って、

自殺しちゃった高橋まつりさんとか、

そういうケースもネットで情報得られるようになっています。

ですから、

謙虚に情報を集めて、

特に会社のネガティブな情報を集めるようにしましょう。

仕事とかってもう9割はきついことだらけだと思います。

これは実はどこの会社に行っても大抵そう。

もちろん安定産業でシェアトップで殿様営業している会社も中にはありますが、

それが未来永劫続くことはないでしょう。

ですから就職は絶対に失敗するとそういう前提で臨んだらいいと思います。

どこ行っても失敗する、

大切なことはそこで学んで成長するかどうかです。

25歳までは未経験でもやり直し効きますよ。

だから就活は失敗する、

それで行けばいいと思います。

きちんとあなたの実力を会社も社会も評価するのです。

背伸びしてもすぐわかります。

もちろん情熱をもって取り組むべきですよ。

ですが、一方でさめた視点をもって取り組んだらどうですか?

新卒の就活なんてどこいっても大抵失敗する。

それを認めることができれば、

失敗で先輩たちは何を学ぶんだろうと、

なぜ失敗するんだろうと、

そういうところを考えられるようになるのです。

それができる人は逆説的ですが、

就活で成功すると思います。

就活にのめりこめばこむほど就活で負ける。

マクロな視点ですね、

大きな視点で自分がどうあるべきか考える人が、

最終的には勝つのです。