トップ戦略コンサルタントの本物の思考力TOEIC940点取った人生変わる

トップ戦略コンサルが無料で語ります。有料サロンは定員オーバーなので個別に連絡ください。

TOEICを極めるためにありふれた倒産から何を学ぶか

 

例えば飲食店。
私が知っている飲食店。
事業を立ち上げた半年で潰れた。

 


そこの従業員。
その従業員は1日18時間労働。
そして休日は月3日。
それを半年続けた。
そして会社は潰れた。
大抵クビになった。
吸収先の会社に雇われた。
年俸は300万と少し。
そういう世界もある。
1日18時間働く。
そういう世界が現実にある。
そこから何を感じるのか。
何を気づくのか。
それが大切なんだ。

自分の人生にとって。
それをどう生かすことができるのか。
なぜ一日18時間働いたのに倒産したのか。
そう考えることもできるだろう。
一方でそれが世の中の厳しさなのか。
だったら自分はもっと頑張れる。
そう考える人もいるだろう。
もっと言うならば実力がなければ。
そう言った底辺の会社で働くのも仕方ないだろう。
そう考える人もいるだろう。

そのために自分の実力を磨く。
そう考える人もいるだろう。
情報というのはいくらでも溢れている。
大切なこと。
それはその情報をどう受け取るのか。
どう生かすのか。
そこだ。
それができるかできないか。
そこで学んでいけるのか。
それが大きな差になる。

はっきりいう。
年収一千万。
そして年収300万円で1日18時間労働。
それをするかしないか。
それは学んでいるか。
学んでいないか。
その違いだ。
彼らは学んでいたのだろうか。
成長していたのだろうか。
それは残酷だけれども違うだろう。
もし仮に彼らが学んでいた。
成長していた、
そうであれば年収300万円で月28日労働。
そんなことはありえないだろう。

彼らに原因がある。
そういう見方も当然できるのだ。
もちろん労働基準法違反。
それは経営者が悪い。
労働者の責任にする。
それは間違っている。
ただ個人の生き方として。
本当にその会社に入った。
その会社を選んだ。
その会社で働き続けた。
それに労働者の責任はないのだろうか。
法的な責任はないだろう。
だけれどもなぜ止めなかったのか。
なぜ止めれなかったのか。
それはその人に対応力がなかった。
もしくは他の会社で雇われることができなかった。
そう考えるのが自然だ。

それはその人が成長していなかった。
その人が学んで来なかった。
だからそうなった。
その可能性も考えられる。
学べることはいくらでもあったはずだ。
飲食店。
そこで接客としてきちんとお店に貢献する。
そうすれば1日18時間労働しなくて良かった。
その可能性がある。
もっと効率よく働けば1日18時間働く必要がないだろう。
そのお店の開店時間は夜の5時から夜の12時まで。
なぜ18時間も働く必要があるのか。
改善点はたくさんあった可能性がある。
そこに本人たちは気づいたのか。

目の前の作業。
それをだらだらやっていた。
その可能性があるのではないか。
接客の仕事をより効率的にできたのではないか。
常にどう接客をすれば。
もしくは店の作業。
店の準備。
開店の準備。
それももっと効率的にやる。
それを考えることができたのではないか。
そうやって自分が学ぶ。
自分が成長する。
それをすることができれば。
1日18時間労働する。
その必要がなかったのかもしれない。

それはもしかしたら学習できなかった。
成長できなかった。
その従業員の責任。
そう言われても仕方のないことかもしれない。
やはり学ばなくてはいけない。
工夫をしなくてはいけない。
それができなければ痛い目に遭う。
1日18時間労働。
そして年収三百万。
そして会社も倒産。
最悪だ。
だからこそ人は学ばなくてはいけない。
もっと吸収していかなくてはいけない。
貪欲に吸収して自分を磨いて行かなくていく。
そうしなければそういった環境に自分も行かなくてはいけない。
その可能性もある。
それを学ばせてくれる。
それがその飲食店の出来事。

組織について学ばなくてはいけない。
人間について学ばなくてはいけない。
社会についても貪欲に学ばなくてはいけない。
自分がもっと上手く。
成果を出す。
自分がもっと上手く学習をする。
もっと効率的にパフォーマンスを上げる。
自分のやってる作業。
それが本当に今のやり方がベストなのか。
もっと効率的なやり方はないのか。
長期的な視点で見る。
長期的な視点から見て今のやり方が本当に正しいのか。
変えるべきことはないのか。

ただ惰性でやってる。
それだけではないのか。
そこをきちんと考える。
気後れをせずに成長するのか。
周りの人間に気後れせず成長することができているのか。
そこも考えなくてはいけない。
自分がダメだと認める。
それは必要だ。
貪欲に学ぶ。
貪欲に自分を成長させる。
大人のビジネスマンとして渡り合っていけるのか。
もしくは年収300万円で仕事を押し付けるマネジメント。
マネージャー。
社長。
その人と向き合うことができたのか。
ビジネスについて話をすることができたのか。

もっという。
飲食店で働いていた人。
その人はもっと高い付加価値を自分のやり方で出せなかった。
そこがポイントになる。
そう思う。
もしその人が例えばマーケティングの達人。
そうであったら。
飲食の売上を向上させることができる。
マーケティング技術があったら。
そうすれば18時間も店舗で働かせる。
そんなことはないだろう。
なぜならば売り上げが上がらなくて倒産した会社。
本音では猫の手も借りるほど売上を上げたかった。
そこで売り上げをあげられる。
そういう人を活用しないはずがない。

どんなに努力をしても負ける。
それは工夫をしていなかったから。
その人たちは本当に工夫をしていたのか。
ただ惰性でやっていた。
それだけの可能性がある。
工夫をしなければ同じようになる。
常に学べることがないのか。
それを考える。
それが重要になってくる。


これが私の人生を変えてくれた英語学習方法です。最速でTOEIC940点を目指すならぜひおすすめです。